服を選ぶときの基準や、今時の服の選び方について

激安の服があったら買いますか?私は激安という言葉はあまり好きではないですが、プチプラとか書かれているとついつい見てしまいます。また、リサイクルショップの服も抵抗なく着る事ができるタイプなので、私のクローゼットには沢山のリサイクルショップの服があります。

プチプラの服が好まれる時代?

服を選ぶとき、高ければいいという時代はすでに終わっているのではないでしょうか。最近は、プチプラの服が好まれているような気がします。おしゃれでとてもかわいいファッションが、この値段で!?というような感じのものが好まれているような気がしています。例えばですが、大手のユニクロなどの服もプチプラだと思う人もいると思います。私の中ではユニクロはプチプラの中でも高い方に位置付けています。それよりもGUの方がプチプラですし、先ほど少し触れましたが、リサイクルショップの方がさらに安いのです。プチプラばかりを選んでいるわけではないのですが、どちらかといえば、コストパフォーマンスのいい服を選びます。この素材、このデザインで普通ではこの値段では購入できない、そんな服が私の中では一番かなと思ったりもしますね。

コストパフォーマンスの高い服

コストパフォーマンスの高い服、それは材料費やお洒落なデザインであることを考えると、この値段は安い、値段以上の価値がある、そんな商品のことを言うのだと思います。それがコストパフォーマンスの高い服というのではないでしょうか。プチプラの服は安くていいのですが、値段相応の生地、素材、デザインで、安いから仕方がないという妥協も多少なりともあるのではないでしょうか。それはなんとなくもったいない気もしていますよね。コスパがいい服は、その点、この値段では決して購入する事ができないような素材の服、お洒落なデザインの服、この値段には決して見えないような服、そのような服のことをコストパフォーマンスの高い服と呼ぶのかもしれません。普段は購入しないようなブランドがセールなどをしていると、半額以下で購入できる事があります。そうなると、やはりコスパが高いと言えますね。普段は1万円もするようなブラウスが、セールで2000円で購入できたとあればこれはコスパがかなり高い商品といえるでしょう。プチプラでいかにも安い服を選ぶよりも、安く見えないのに本当は安いという服を選んでいる方がお得感もあるし、おしゃれに見たりもします。

少ない服のアイテムで着まわしていく

服はたくさんあったほうがバリエーションも豊富になって、毎日楽しむことができると考えている人は多いです。でも最近の考え方では、少ないアイテムの中でいかに着回しを考えてバリエーションを増やすか、それが重要だと考えられています。確かに、フランス人はたった数着しか服を持たないのになぜおしゃれなのかとった類の本も出版されていたかと思います。数着しか持たないのにおしゃれができるというのは素晴らしい事ですよね。本来ならばそれが理想です。数着しか持っていないという事はクローゼットの中もきっとすっきりしていると思います。すっきりした中で服を選ぶのは選びやすいですし、数着しか持たないのであれば、1着当たりにかけるお金も高くてもいいという事になりませんか?何着も枚数を重視して持っていると、どうしても沢山アイテムを購入しなければいけなくなりますから、お金がかなりかかってしまいます。30着服を用意するために5万円使ったとしましょう。安い服ばかりを購入して30着用意出来て、それで満足かと聞かれると微妙です。安いプチプラな服ばかりを30着5万円かけて用意するのがいいのか、たった10着だけど1枚1枚の服の値段が高いので、それに5万円かけて良い服を身につけるのがいいのか。これは人によって好みの問題もありますから一概には言えないかもしれませんね。私はどちらかといえば最近までは、数重視でした。それは自分でバリエーションを組むことが苦手だったからです。でも、今は年齢もありますから、できるだけ良い服でお洒落に見えるような服を用意したいなと思ったりもしています。

少ないアイテムでバリエーションを豊富にするためには

少ないアイテムでバリエーションを豊富にするためには何をしなければいけないと思いますか?まずしなければいけないことは、センスを磨くことだと思っている人もいます。センスがなければ少ないアイテムをおしゃれに組み合わせてバリエーションを豊かにすることなどできないと。しかしそうではないのです。アイテムが豊富だったらセンスがない人でも組み合わせが自由にできるかといえばそうではありません。多少のセンスはもちろん必要です。色の合わせ具合や柄の合わせ具合、トレンドを抑えてコーディネートしているのかという事も考えなければいけないかと思いますが、これらのことを考えるのにセンスはさほど必要なかったりするのです。センスが必要ないとすればでは何が必要なのか。センスではなくて、購入する段階で、自分が持つアイテムとの組み合わせを考えられるかどうかです。

服を購入する時点で自分が持つアイテムをイメージする

服を購入する時、ただその服がかわいいから購入するとか、ただこの服を着たいと思った直感だけで購入するという人もいるでしょう。テレビで女優さんが似たようなものを着ていたから自分も着てみたいとか、それでももちろんいいとは思うのです。しかしそれだと、家にもともとあるアイテムとの兼ね合いを全く無視した形で選ぶ事になりませんか?少ない服で着回しをしていこうと思ったら、やはり自分が持っているアイテムとの組み合わせを考える必要があります。自分が持っているアイテムと合わせる事ができるかという事を一番に考えるのです。これができるようになると、まず自分が持っているアイテムに合わないものは着たかったとしても、購入したいと思ったとしても除外されるので、無駄な買い物がなくなります。自分が着たい服を購入し、帰ってみたらそれに合うアイテムがない、となると新たに購入したものに似合うアイテムを探さなければいけなくなります。そうなるとまた服を選ぶ事になります。それでは意味がないのです。選ぶならできるだけ、自分が持っているアイテムに合わせられるものを選ぶ、それが少ない服で着回しをするコツだと、私も最近わかってきました。

シンプルな服が結局はいい

色々ファッションには種類がありますが、最近ことごとく思う事、それはシンプルな服かなと思います。シンプルな服だったら、どうにでも着回しができるからです。色々な組み合わせをする事ができるはずですから少ないアイテムでも着回しが自在にできるようになりますよね。私もそれを知ってからは、それまで結構柄物を着る事が多かったのですが、あまり柄物は着なくなりました。出来るだけシンプルで家にあるアイテムのどれにでも合うようなものを、そんな思いで選ぶようになりました。そうして選んでいると本当に少ないアイテムでも十分着まわしていけるなと思うようになりました。シンプルなアイテムはセンスを光らせる事ができない、なんてことを誰かが前に言っていたのですが、そうでもないですよね。シンプルなものは自分でどうにでも光らせる事はできると思います。色々とアイテムを組み合わせて自分なりのおしゃれを楽しむことができると思います。プチプラで着心地が良くてそれでいてシンプルな服、それを選ぼうかなと思ったりしています。

服を選ぶ時の基準

服を選ぶときの基準は人によって違うでしょう。プチプラな服はできるだけ選ばないようにしているという人もいますし、単色の明るい原色カラーは選ばないようにしようと思っているという人もいるはずです。いろいろな人がいると思うのですが、できるだけ服を選ぶ時の基準としては、自分の中でルールを決めておいた方がいいですね。先ほど書いたように、自分がすでに持っている手持ちのアイテムとのバランスを必ず考えるという事も大事です。トップスを購入するなら持っているボトムスをイメージする事、ボトムスを購入するならトップスもですが、靴とかも考えたほうがいいかもしれません。この服に合う靴を持っていたのかどうか。また、逆に靴を買うときは、この靴に合う服を自分が持っているかどうかを考えたほうがいいのかもしれません。靴も意外と主張するデザインの靴もありますので、思った以上に主張しすぎていてあまりコーディネートとして考えるのに難しくなってしまうという事もありますよね。カバンを選ぶときも、同じようなかばんを持っていないか、どのようなコーディネートにも合わせることができるのかどうか、そういった点で色々と考えて選びたいものですよね。
後は私の場合、カーディガンの心配もしてしまいます。例えばノースリーブのワンピースを買ったときに、このワンピースに合うカーディガンがないのでやめておこうと、辞めてしまったこともあるほどです。カーディガンに合わないからワンピースを辞めるというのはどうかしていると思う人もいるかもしれません。でも実際着るときにワンピースをノースリーブで着るとは限らないので、やっぱりそれに合うカーディガンを持っていないと着れません。そのワンピースのためだけにカーディガンを購入するとなると、もう一着新たに購入しなければいけなくなります。それではなんだかアイテムも増えるし、値段も高くついてしまうので、いくらお得なワンピースだったとしても二の足を踏んでしまう事になる気がします。いろいろなことを考えてこうして服は選ぶのです。